★公認会計士は独学ではなく専門学校や予備校が選ばれる理由とは★

公認会計士の学習法公認会計士試験を独学で合格した人の書籍やブログがありますが、普通の受験生であればちゃんと公認会計士専門学校に通うことをおすすめします。公認会計士試験は出題科目が多いだけでなく、各教科の出題範囲も多岐に渡っているため膨大な学習量が必要となります。専門学校や予備校では、これを最も効率よく学習していけるよう入念にカリキュラムが作り込まれているのです。短答式対策のタイミングや、論文式だけの出題科目の時期に合わせた強弱など絶妙で、とても独学では真似できません。また、独学では学習計画を立ててもなかなか思うように進まないことがあります。自己管理の甘さもそうですが、思うように理解が進まないことです。それもそのはず、公認会計士試験は高度な専門知識が問われるので、勉強を進めるうちに分からない論点などがどんどん出てきます。予備校や専門学校ではその都度講師に質問できますが、独学では誰にも質問できずに後回しやなんとなく放置していたせいで知識が全然定着していないことになります。専門学校や予備校は講師だけでなく同じ公認会計士を目指す仲間がいます。彼らに相談したり、教え合ったりすることで独学にはない、学習の相乗効果も期待することが可能です。最後に、公認会計士の対策教材は市販にもあります。しかし、種類は豊富かと言えばそうでもなく限定的な感じがします。それは、各予備校は講座に力を入れているからです。また、市販の参考書で合格できるほど簡単な試験ではないと理解しているからです。したがって、演習系の参考書は多いですが、知識を習得していけるような授業代わりの教材は限られています。参考書は種類が豊富なほど自分に合った教材が選べて効率よく学べます。最初から教材が限定されていては相性がどうとかの話にもならないです。以上のように公認会計士試験は独学向きではありません。ほとんどの合格者は予備校か専門学校で勉強しています。合格率も10%と決して高くはないので、合格できる可能性が最も高い方法で勉強することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です