★難易度の高い医学部受験対策は早いに越したことはない!★

中学生からの医学部対策医学部の難易度は年々高まっており、2浪、3浪も当たり前となっています。それにもかかわらず、近年は1浪までの受験生を好む医学部も増えている現実があります。つまり、最も豊富な選択肢のなかで医学部を目指すなら現役合格しかありません。受験生もそれを分かっているのか、最近では中学生時代から医学部受験対策を始める人が増えています。中学生はまだ将来のやりたいことが決まっていない人も多いと思います。医者家系出れば医師になることが必然的な家庭も多いですが、そうでなければまだまだ中学生のうちに進路を決めることは困難です。ただし、もし医学部に興味があるのであれば中学のうちから対策をしていて損はありません。医学部入試は、国公立でればセンター試験を受験するので文系科目も9割解けるくらいのレベルまではやり込みます。また、理系科目に至っては最難関学部の医学部レベルまで勉強するので、一言でいうと潰しがきくということです。医学部に合格できる学力があれば他学部にも合格できる学力が備わっていると言っても良いでしょう。したがって、医学部を目指して中学生のうちから対策を行っていたものの、途中で他学部に興味が出て進路変更しても十分対応できるということです。むしろ、早い段階から難易度の高い医学部受験対策を行っていたので、他学部に移った場合は学力面で有利となることが多いです。現役合格の重要性は高まりつつあるのか、医学部予備校でも現役コースを設置するケースが増えています。今までは現役生は大手予備校に通って勉強することが一般的でしたが、近年はいきなり医学部予備校に通うパターンも増えています。中学生から対策を始めるメリットは、なんといっても時間的余裕です。6年間という豊富な時間を使って医学部対策ができるので、合格に必要な学力をみにつけやすいのが特徴です。特に中高一貫校であれば高校受験の対策が不要になるため、勉強を前倒しで進めて受験対策に大幅な時間を確保している学校が少なくありません。ライバルは早いうちから対策を始めていると思って、自分も医学部に興味があるなら1日でも早くから対策をスタートさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です