★比較的高額な医療専門学校の学費!!各種奨学金を使って抑えましょう!!★

医療専門学校の学費は決して安い金額ではなく、1年間の授業料は私立大学に匹敵するほど高額となっています。一例として、関東にある3年生の理学療法士学科など技術系のコースでは、3年間で平均450万円の学費が必要となってきます。その上、医療専門学校に通学する場合には、学費の他にも教科書代や研修費などの諸費用がかかってくるため、さらに経済的負担が重くのしかかります。したがって、各医療専門学校では様々な学費支援制度を設けて生徒の経済的負担をサポートしています。教育ローンや日本育英会による奨学金は一般的で多くの生徒が利用していますが、問題は卒業後に返済の義務を負うことです。新卒入社の給与では、毎月の奨学金の返済へ充てることは、経済に厳しいため最近では滞納問題がよく取り上げられています。そこで、おすすめなのが、新聞配達などの業務を行う代わりに返済不要の奨学金を得られる新聞奨学制度です。ただし、早朝や夕方の仕事となるため体力的にはハードなので、それなりの覚悟は必要ですが、学費のほかにも住居スペースが用意されるため生活費を抑えられるメリットがあります。また、同様の制度として、医療専門学校が提携する企業や病院で働きながら学べる制度もあります。この場合、企業の寮や住宅補助などが出ることがあるので、経済的負担を抑えながら学校に通うことが可能ですが、やはり肉体的・精神的負担があるので固い意思が必要です。医療専門学校情報ナビでは、医療専門学校の基礎知識や役立つ情報を解説しているので、医療専門学校を選ぶ際に参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です