★最近注目されている個別指導塾のおすすめポイントと正しい使い方を徹底検証!!★

個別指導塾は、子供の学力やペースに合わせて指導してもらえるとうことから最近、わが子を通わせている家庭が増加しています。これは、少子化の影響で一人の子供にかける養育費が増えたことから、多少授業料が高くても面倒見の良い個別指導塾を選ぶ傾向があるようです。個別指導塾は、苦手科目など自分だけの学習プランで指導してもらえるため、短期間で学力アップが期待できます。また、講師1に対して生徒1人あるいは生徒2人で指導する形態が多いため、分からない点もとことん理解するまで質問できるので、知識の消化不良を回避することが可能です。さらに、授業も自分の都合に合わせて予約を入れることが可能なので、学校生活やクラブ活動などと両立しやすい点も無理なく勉強できると支持されています。しかし、難関受験を目指しているのであれば、集団指導塾との併用もおすすめです。これは、個別指導塾だと、生徒に合わせてしまうためどうしてもペースが遅くなりがちです。もちろん、進学実績の高い個別指導塾もありますが、集団指導塾では、1年間のカリキュラムが事前に決まっているため、それに合わせて生徒も必死でついていくので、競争心や学習習慣が身につきます。したがって、個別指導塾では、弱点対策や強化対策で利用し、集団塾で志望校対策を行うと良いでしょう。実際に、多くの受験生が個別指導と集団指導を併用して、名門と呼ばれる難関校に合格していますし、進学塾も両方の指導形態を提供しているケースが増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です