★医学部再受験生は年齢に寛容な大学を志望校に!!頭に入れておきたい大学は!★

社会人や他学部在学生の中には医師の夢を諦めきれずに医学部再受験を決意する人が毎年多くいらっしゃいます。再受験生のブログや2chを見ていて分かるように、社会人など受験勉強から一度離れて再び難易度の高い医学部受験を目指すことはかなり厳しい道のりです。さらに、膨大な勉強時間を捻出して学力を合格レベルまで持っていくまでが大変なのに、医学部再受験生は年齢に寛容な大学かを見極める必要もあります。ブログや2chでは有名ですが、国立や私立を含めて大学によっては年齢差別を行っている医学部があるということです。これらの医学部では30代の受験生や多浪生はいくら学科試験で合格水準に達していても面接試験で不合格とされる可能性が高くなります。つまり、受験生の年齢に寛容な医学部を志望校に選ぶことが再受験生にとって合格の最短ルートの1つとなります。寛容な大学は2chなどでも寛容度ランクなどで紹介されていますが、国立では面接試験を課していない医学部がおすすめだと言われています。入試に面接試験を課していないので、純粋な学力勝負となります。また、面接はあっても滋賀医科大のように30代以上の再受験生が多く合格している医学部も受験生の年齢に寛容な大学と言えるでしょう。私立医学部で言えば、杏林大学医学部や藤田保健衛生大学医学部が年齢差別を行わないと公言しているので寛容度が非常に高いと言えます。ただし、近年では、寛容度が高く再受験生にも人気だった岐阜大学や熊本大学などが、新たに面接試験を導入し始めるケースもでてきているので今後の動向に注意していく必要があります。

医学部再受験 寛容はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です