☆医学部合格を目指す人必見!!先輩達はどのようにして受かっていったのか!!☆

近年、医学部も競争が激化してきました。この時期にはセンター試験も終わりいよいよという受験生が多いことでしょう。ここでは医学部に合格した先輩達がどのようにして試験に受かっていったかの全体像をご紹介します。まず、漠然と医師を目指したいという気持ちになる時期でいうと、難易度の高い試験でもあることから合格した先輩達のブログ等の意見を総合すると中学生の時と答えた人が一番多いことが分かりました。これはなにを指しているかというと、かなり早い段階で目標を定めているという事です。中学生の時から自分の偏差値と志望する医学部の偏差値を意識した上で塾や予備校を利用し計画的に受験勉強のスケジュールを立てている人が多い事が分かりました。その中でも一番多く見られたのはなるべく早い段階から偏差値を意識した勉強を心がけるというものです、各医学部の偏差値情報は毎年最新版に更新されますが、大きく変動する事はないため早い段階での受験勉強の基準とすることに問題はありません、そのため合格者達はまず自分の進みたい医学部の偏差値を調べることからスタートするようです。その他に気を付けておきたいことは医学部予備校選びです。医学部予備校は各予備校で得意とする分野が違うため、自分の目標とする医学部が国公立なのか私立なのか、海外なのかなどで医学部予備校選びは大きく変わってくるので早期に目標を設定しそれに沿った予備校を選ぶことは医学部合格に向けての必須条件となっています。先輩達の意見を総合するとどれだけ早期に目標を定め、それに向かって効率的に勉強できるかが大変重要ということが分かります。まずは医学部を目指す人は偏差値情報を調べることから始めましょう!

医学部偏差値はコチラ

URL:xn--ekry3qey0c.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です