★難易度復権か!?日本医科大学医学部医学科は学費大幅値下げを実施!★

私立大学医学部は、国公立大学医学部のように旧帝大や旧制医科大など歴史的な系譜よりも、学費によって難易度が異なってくるのが特徴です。後に続く私立大学医学部の学費の大幅値下げのきっかけは順天堂大学から始まりました。2008年当初、順天堂大学は880万円の学費を行い私立大学医学部トップの安さとなりました(現在は国際両福祉大学が私立最安値)。これをきっかけに多くの優秀な受験生が殺到し、今では御三家に並ぶ高い偏差値を誇る難関大学へと成長したのです。他大学でもこれを契機に学費値下げが実施され、4000万円台が主流だった私立大学医学部も、今では多くの医学部が2000万円台を実現しています。この学費値下げによって大きく偏差値ランキングが変わったわけですが、これで難易度が下がったのが御三家の日本医科大学です。以前は慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学と並ぶトップ3の偏差値を誇っていましたが、今では順天堂大学に負けてしまっています。しかし、そんな日本医科大学も遂に2018年から学費大幅値下げを行い、総額570万円減額して2200万円となります。この学費は、東京慈恵会医科大学よりも安くなり、慶應義塾大学に次ぐ安さを実現しています。学費が安くなるということは、サラリーマン家庭でも目指せるようになるということであり、経済的に難しかった国公立志望のより優秀な受験生が日本医科大学を受験することが予想されます。また、順天堂大学よりも歴史が古く実績のある日本医科大学が再評価され、受験生が志望校を変えてくることだってあり得ます。もちろん、学費値下げにより優秀な受験生が集まれば、偏差値は高くなるので入学難易度は高くなってしまいます。今年実施された入試よりは困難になると言われているので、日本医科大学を志望校としている人は、より学力アップが必要になるので、大学別対策など活用していくと良いでしょう

★公認会計士は独学ではなく専門学校や予備校が選ばれる理由とは★

公認会計士の学習法公認会計士試験を独学で合格した人の書籍やブログがありますが、普通の受験生であればちゃんと公認会計士専門学校に通うことをおすすめします。公認会計士試験は出題科目が多いだけでなく、各教科の出題範囲も多岐に渡っているため膨大な学習量が必要となります。専門学校や予備校では、これを最も効率よく学習していけるよう入念にカリキュラムが作り込まれているのです。短答式対策のタイミングや、論文式だけの出題科目の時期に合わせた強弱など絶妙で、とても独学では真似できません。また、独学では学習計画を立ててもなかなか思うように進まないことがあります。自己管理の甘さもそうですが、思うように理解が進まないことです。それもそのはず、公認会計士試験は高度な専門知識が問われるので、勉強を進めるうちに分からない論点などがどんどん出てきます。予備校や専門学校ではその都度講師に質問できますが、独学では誰にも質問できずに後回しやなんとなく放置していたせいで知識が全然定着していないことになります。専門学校や予備校は講師だけでなく同じ公認会計士を目指す仲間がいます。彼らに相談したり、教え合ったりすることで独学にはない、学習の相乗効果も期待することが可能です。最後に、公認会計士の対策教材は市販にもあります。しかし、種類は豊富かと言えばそうでもなく限定的な感じがします。それは、各予備校は講座に力を入れているからです。また、市販の参考書で合格できるほど簡単な試験ではないと理解しているからです。したがって、演習系の参考書は多いですが、知識を習得していけるような授業代わりの教材は限られています。参考書は種類が豊富なほど自分に合った教材が選べて効率よく学べます。最初から教材が限定されていては相性がどうとかの話にもならないです。以上のように公認会計士試験は独学向きではありません。ほとんどの合格者は予備校か専門学校で勉強しています。合格率も10%と決して高くはないので、合格できる可能性が最も高い方法で勉強することが重要となります。

★難易度の高い医学部受験対策は早いに越したことはない!★

中学生からの医学部対策医学部の難易度は年々高まっており、2浪、3浪も当たり前となっています。それにもかかわらず、近年は1浪までの受験生を好む医学部も増えている現実があります。つまり、最も豊富な選択肢のなかで医学部を目指すなら現役合格しかありません。受験生もそれを分かっているのか、最近では中学生時代から医学部受験対策を始める人が増えています。中学生はまだ将来のやりたいことが決まっていない人も多いと思います。医者家系出れば医師になることが必然的な家庭も多いですが、そうでなければまだまだ中学生のうちに進路を決めることは困難です。ただし、もし医学部に興味があるのであれば中学のうちから対策をしていて損はありません。医学部入試は、国公立でればセンター試験を受験するので文系科目も9割解けるくらいのレベルまではやり込みます。また、理系科目に至っては最難関学部の医学部レベルまで勉強するので、一言でいうと潰しがきくということです。医学部に合格できる学力があれば他学部にも合格できる学力が備わっていると言っても良いでしょう。したがって、医学部を目指して中学生のうちから対策を行っていたものの、途中で他学部に興味が出て進路変更しても十分対応できるということです。むしろ、早い段階から難易度の高い医学部受験対策を行っていたので、他学部に移った場合は学力面で有利となることが多いです。現役合格の重要性は高まりつつあるのか、医学部予備校でも現役コースを設置するケースが増えています。今までは現役生は大手予備校に通って勉強することが一般的でしたが、近年はいきなり医学部予備校に通うパターンも増えています。中学生から対策を始めるメリットは、なんといっても時間的余裕です。6年間という豊富な時間を使って医学部対策ができるので、合格に必要な学力をみにつけやすいのが特徴です。特に中高一貫校であれば高校受験の対策が不要になるため、勉強を前倒しで進めて受験対策に大幅な時間を確保している学校が少なくありません。ライバルは早いうちから対策を始めていると思って、自分も医学部に興味があるなら1日でも早くから対策をスタートさせましょう。

★比較的高額な医療専門学校の学費!!各種奨学金を使って抑えましょう!!★

医療専門学校の学費は決して安い金額ではなく、1年間の授業料は私立大学に匹敵するほど高額となっています。一例として、関東にある3年生の理学療法士学科など技術系のコースでは、3年間で平均450万円の学費が必要となってきます。その上、医療専門学校に通学する場合には、学費の他にも教科書代や研修費などの諸費用がかかってくるため、さらに経済的負担が重くのしかかります。したがって、各医療専門学校では様々な学費支援制度を設けて生徒の経済的負担をサポートしています。教育ローンや日本育英会による奨学金は一般的で多くの生徒が利用していますが、問題は卒業後に返済の義務を負うことです。新卒入社の給与では、毎月の奨学金の返済へ充てることは、経済に厳しいため最近では滞納問題がよく取り上げられています。そこで、おすすめなのが、新聞配達などの業務を行う代わりに返済不要の奨学金を得られる新聞奨学制度です。ただし、早朝や夕方の仕事となるため体力的にはハードなので、それなりの覚悟は必要ですが、学費のほかにも住居スペースが用意されるため生活費を抑えられるメリットがあります。また、同様の制度として、医療専門学校が提携する企業や病院で働きながら学べる制度もあります。この場合、企業の寮や住宅補助などが出ることがあるので、経済的負担を抑えながら学校に通うことが可能ですが、やはり肉体的・精神的負担があるので固い意思が必要です。医療専門学校情報ナビでは、医療専門学校の基礎知識や役立つ情報を解説しているので、医療専門学校を選ぶ際に参考にしてください。

★公認会計士試験って独学でも大丈夫なの!?必要最低限の講座利用で合格を実現!★

公認会計士試験は会計資格で最も難しいと言われ、医師や弁護士と並んで3大国家試験とも呼ばれています。実際、平成25年度の公認会計士試験の合格率は8.9%と非常に難易度が高く、ピーク時19.3%と多くの合格者を出していた試験も過去の話となっています。したがって、多くの人は専門学校や資格予備校に通って勉強しており、独学はごく少数派となっています。ただし、独学が無理な試験というわけでもなく、ごく一部ですが合格している受験生もいます。したがって、事前に独学のデメリットを理解し、覚悟の上で勉強する必要があります。市販の参考書や問題集も、予備校などから多く出版されているため、教材に困ることはありません。また、公認会計士試験は全てマークの短答式試験と、記述形式の論文式の二つの試験構成になっています。したがって、マーク形式の短答式試験は独学で勉強し、論文式試験は予備校などの講座を利用することも効果的です。短答式試験であれば、科目によっては暗記要素が強いので、市販教材でも十分に対策可能です。しかし、論文式試験では答案作成能力が合否に影響してくるので、講師の添削やアドバイスを受けながら勉強したほうが効率良く対策できます。短答式試験まで独学で突破するだけでも学費などを大きく削減できますし、全ての試験を独学で突破すると考えるより、独学と通学の両方を取り入れて勉強するほうがより現実的です。また、独学する場合でも実戦形式になれるためにも模擬試験だけは参加しておくことを強くおすすめします。集団で受験することで時間配分や緊張感の中で自分の実力を発揮させる訓練になります。したがって、各予備校の模擬試験パックの学費や内容を確認して、自分にとって魅力ある学校のコースを上手く活用して勉強しましょう。

公認会計士 独学はコチラ

★最近注目されている個別指導塾のおすすめポイントと正しい使い方を徹底検証!!★

個別指導塾は、子供の学力やペースに合わせて指導してもらえるとうことから最近、わが子を通わせている家庭が増加しています。これは、少子化の影響で一人の子供にかける養育費が増えたことから、多少授業料が高くても面倒見の良い個別指導塾を選ぶ傾向があるようです。個別指導塾は、苦手科目など自分だけの学習プランで指導してもらえるため、短期間で学力アップが期待できます。また、講師1に対して生徒1人あるいは生徒2人で指導する形態が多いため、分からない点もとことん理解するまで質問できるので、知識の消化不良を回避することが可能です。さらに、授業も自分の都合に合わせて予約を入れることが可能なので、学校生活やクラブ活動などと両立しやすい点も無理なく勉強できると支持されています。しかし、難関受験を目指しているのであれば、集団指導塾との併用もおすすめです。これは、個別指導塾だと、生徒に合わせてしまうためどうしてもペースが遅くなりがちです。もちろん、進学実績の高い個別指導塾もありますが、集団指導塾では、1年間のカリキュラムが事前に決まっているため、それに合わせて生徒も必死でついていくので、競争心や学習習慣が身につきます。したがって、個別指導塾では、弱点対策や強化対策で利用し、集団塾で志望校対策を行うと良いでしょう。実際に、多くの受験生が個別指導と集団指導を併用して、名門と呼ばれる難関校に合格していますし、進学塾も両方の指導形態を提供しているケースが増えています。

★高校へ行きたくない人・辞めたい人は、通信制高校へ進学してみませんか?★

高校へ行きたくない、または中退した人は通信制高校に通うことで高卒資格を取得することが可能です。通信制高校には様々なタイプで教育を行っていますが、大きく分けると月数回学校へ通学するタイプ、毎日通学するタイプ、合宿形式で集中して通学するタイプがあります。自分が通学しやすいタイプを選ぶと良いでしょう。通信制高校は、単位制を採用しており、スクーリング(通学授業)、レポート(課題)、単位認定試験というシステムで高校卒用に必要な74単位を取得します。確かに、高卒認定試験という高校卒業資格を取得できる認定試験もありますが、全日制や通信制をはじめ通学して卒業したほうが評価は高いです。大学進学を念頭に高卒の資格が必要であれば、短期間で取得できる高卒認定試験でも良いですが、進学しないのであれば高卒認定試験はあまり役に立ちません。学校は人間関係や勉強などストレスを多く感じる場所なので、行きたくない人も多いかもしれませんが、社会は学歴が重視されるため、高校へ行かない選択肢を選ぶとその先の人生は困難な道が待っています。勉強は嫌いな人、又はいじめなど人間関係が不安という人であれば、定期的なスクーリングで済む通信制に通うことをおすすめします。自宅学習が中心となるので、世間のストレスを気にすることなく、勉強に集中することが可能です。また高校を卒業していれば、そのまま就職、または専門学校や大学へ進学など、将来の選択肢が広がります。通信制高校は、途中からの転入・編入も可能です。高校卒業資格を取得する方法として、通信制高校を選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

通信制高校はコチラ

URL:naruniha.jp

★医学部再受験生は年齢に寛容な大学を志望校に!!頭に入れておきたい大学は!★

社会人や他学部在学生の中には医師の夢を諦めきれずに医学部再受験を決意する人が毎年多くいらっしゃいます。再受験生のブログや2chを見ていて分かるように、社会人など受験勉強から一度離れて再び難易度の高い医学部受験を目指すことはかなり厳しい道のりです。さらに、膨大な勉強時間を捻出して学力を合格レベルまで持っていくまでが大変なのに、医学部再受験生は年齢に寛容な大学かを見極める必要もあります。ブログや2chでは有名ですが、国立や私立を含めて大学によっては年齢差別を行っている医学部があるということです。これらの医学部では30代の受験生や多浪生はいくら学科試験で合格水準に達していても面接試験で不合格とされる可能性が高くなります。つまり、受験生の年齢に寛容な医学部を志望校に選ぶことが再受験生にとって合格の最短ルートの1つとなります。寛容な大学は2chなどでも寛容度ランクなどで紹介されていますが、国立では面接試験を課していない医学部がおすすめだと言われています。入試に面接試験を課していないので、純粋な学力勝負となります。また、面接はあっても滋賀医科大のように30代以上の再受験生が多く合格している医学部も受験生の年齢に寛容な大学と言えるでしょう。私立医学部で言えば、杏林大学医学部や藤田保健衛生大学医学部が年齢差別を行わないと公言しているので寛容度が非常に高いと言えます。ただし、近年では、寛容度が高く再受験生にも人気だった岐阜大学や熊本大学などが、新たに面接試験を導入し始めるケースもでてきているので今後の動向に注意していく必要があります。

医学部再受験 寛容はコチラ

☆医学部合格を目指す人必見!!先輩達はどのようにして受かっていったのか!!☆

近年、医学部も競争が激化してきました。この時期にはセンター試験も終わりいよいよという受験生が多いことでしょう。ここでは医学部に合格した先輩達がどのようにして試験に受かっていったかの全体像をご紹介します。まず、漠然と医師を目指したいという気持ちになる時期でいうと、難易度の高い試験でもあることから合格した先輩達のブログ等の意見を総合すると中学生の時と答えた人が一番多いことが分かりました。これはなにを指しているかというと、かなり早い段階で目標を定めているという事です。中学生の時から自分の偏差値と志望する医学部の偏差値を意識した上で塾や予備校を利用し計画的に受験勉強のスケジュールを立てている人が多い事が分かりました。その中でも一番多く見られたのはなるべく早い段階から偏差値を意識した勉強を心がけるというものです、各医学部の偏差値情報は毎年最新版に更新されますが、大きく変動する事はないため早い段階での受験勉強の基準とすることに問題はありません、そのため合格者達はまず自分の進みたい医学部の偏差値を調べることからスタートするようです。その他に気を付けておきたいことは医学部予備校選びです。医学部予備校は各予備校で得意とする分野が違うため、自分の目標とする医学部が国公立なのか私立なのか、海外なのかなどで医学部予備校選びは大きく変わってくるので早期に目標を設定しそれに沿った予備校を選ぶことは医学部合格に向けての必須条件となっています。先輩達の意見を総合するとどれだけ早期に目標を定め、それに向かって効率的に勉強できるかが大変重要ということが分かります。まずは医学部を目指す人は偏差値情報を調べることから始めましょう!

医学部偏差値はコチラ

URL:xn--ekry3qey0c.jp